コレステロールを下げることができる食生活とは│食べ物にヒント

レディー

対策の仕方

医薬品

更年期になるとなる人が多いのが更年期障害です。更年期障害は病院に行くことで治療できますが、サプリメントを飲むことでも緩和できます。エストロゲンに働きかけるサプリメントにはアンチエイジング効果もあります。

詳細へ

魚の成分のサプリの有効性

治療薬

人間の身体の中では作り出すことの できない栄養素であるDHAやEPAは、オメガ3脂肪酸で、とりわけ青魚にたくさん入っています 。中性脂肪の数値を下げたり、脳の活動に効果的であるなどいろいろな有効性があり、 人が生活するのに欠かせない必須脂肪酸になります。

詳細へ

東洋の医学

様々な生薬

西洋医学と東洋医学では更年期障害について考え方が異なります。西洋医学では女性ホルモンの減少が原因なのでホルモン補充療法が治療法になります。東洋医学では「気、血、水」の観点から症状を探って適切な漢方薬を処方することが治療法です。

詳細へ

効果の高い栄養を摂取

男女

コレステロールでも悪玉コレステロールと言うものがあり、悪玉コレステロールが上がってしまうと様々な病気を引き起こします。悪玉コレステロールが上がる原因として、1つめは肥満の状態です。肥満の状態をそのままにしておくことで、体に脂肪が溜まりコレステロールが上がってしまいます。2つめは食物繊維の摂取不足です。野菜などを食べずに油物ばかりを食べることで、コレステロールを上げる原因に繋がります。またこれらの原因によって、糖尿病や甲状腺機能低下症と言う病気を引き起こしてしまう可能性があります。コレステロールは誰もが持っているもので、これが上がってしまうことがいけなく、本来は体がちょうど良い量に調節してくれています。

コレステロールを下げる方法として、一番良いのがコレステロールを下げてくれる食べ物を食べることです。その食べ物とは、カキやイワシまた椎茸や納豆などです。これらにはタウリンやドコサヘキサエン酸またエイコサペンタエン酸やナイアシン、他にもナットウキナーゼと言う栄養素が入っており、コレステロールを下げる役割を持っています。食事の他にも下げる方法は幾つかあり、毎日運動をすることです。運動をして体の脂肪をある程度減らす必要があります。またお店に売ってある、脂肪を燃やす飲み物なども下げる方法としては効果的です。しかし、これらの改善法をしているからといってお菓子などを食事前に食べてしまっては意味がなくなってしまいます。お菓子を食べることで、食事で摂る油とお菓子の油の2つの油を余分に摂取してしまうので、お菓子は多く食べ過ぎないようにすることがポイントです。